等級認定までの流れ

症状固定になった時点で後遺障害の認定を受ける手続きを開始していきます。まず主治医に提出用の診断書を作成してもらう必要があります。これは提出先である損害保険料率算定機構という国の期間に送るもので、これが認定作業に大きく関わるものになります。書かれている内容を見て認定するかどうかの判断がなされます。

診断書ではまず自覚症状を書く欄があります。これは自分が今現在持っている自覚症状を書く部分になりますが、ここには日常生活で支障をきたしていることを余すことなく全て書く必要があります。欄に書けない場合には別の用紙に記載をしても構いません。認定されるために確実にすべての症状を書かなければなりません。診断書には他覚症状を書く欄がありますが、ここは主治医が検査を行ったりした結果を記載していくことになります。必要な検査は全て行い、結果を全て書かなければなりませんが、必要な検査を実施していない場合には主治医に検査を行ってもらうように依頼する必要があります。

後遺障害診断書と合わせて画像やカルテなどをすべて集めて損害保険料率算定機構に提出しますが、この作業は相手方の保険会社が行ってくれます。自分で行うことも可能です。その後認定作業が行われますが、結果は書面で確認することになります。

Published by