等級認定のコツ

後遺障害認定を受けるためにはいくつかのコツがあります。まずは診断書ですが、必要な検査を全て実施し、その結果を診断書に全て記載する必要があります。また自覚症状も全て記載する必要があります。どちらも認定に影響を与えるものですが、記載された診断書はすぐに提出するのではなくじっくりと見て足りない部分はないか検討をしていかなければなりません。提出の期限はないので、十分に書かれた診断書になって初めて提出を行います、

認定のためには検査も必要です。検査結果は客観的な事実なので認定の際の判断材料としても十分です。ただ病院で行われた検査によって問題のある部位が映っていない場合もあります。そんな場合には再度より精密な検査を行う必要があります。確実に後遺障害が残っていると認められる画像を検査によって得ることが大切です。特にMRIは現在ではさらに精度が上がっており、細かい部分も精密に画像に映るようになっています。必要によってはMRIも主治医に受けたい旨を伝えるようにしましょう。また主治医が検査を行っていない場合には検査を受けたいということを伝える必要があります。

認定作業に向けて自覚症状をより正確に伝えるために文書にして提出をするケースもあります。自分なりに日常生活で困っていることを記載して文書にしますが、これは提出する必要はないものです。しかしより一層被害者の現状をわかってもらうための材料になりますから、認定を確実に受けたいという方は文書の提出も合わせて行うといいでしょう

Published by