交通事故の等級認定

交通事故でけがをすると通院や入院をすることがありますが、治療を行ってもけがなどが治らず後遺障害が残ってしまうことがあります。治療を行って6か月を経過すると主治医から症状固定と判断されることがありますが、その時点で一旦保険での治療は終了します。この時に後遺障害の認定を受けるかどうかを決めます。認定を受けたいと思った場合には主治医に後遺障害診断書の作成を依頼することになります。

後遺障害診断書は今現在残存している症状に関して、自覚症状や他覚症状の記載をするものです。この診断書は認定作業上とても重要なもので、書かれていることが認定に大きな影響を与えてしまうものです。またこの他にこれまでの画像やカルテなども合わせて認定作業に使用されます。認定までには時間がかかりますが、認定されることによって慰謝料などを含め示談金の金額が大きく変化をするため、後遺障害が残った場合には認定を受けることが大切になります。

認定を受けることは現在では非常に難しくなっており、そのため認定に向けては非常に慎重に行動をする必要があります。また認定されなかった場合でも諦める必要はなく、再度認定を依頼することも可能なのです。また正式な認定を受けるために弁護士等の専門知識のある人へ依頼する場合もあります。ですが今後交通事故に遭って後遺障害が残ってしまった時のために、等級認定までのプロセスを個人でも理解しておくといいでしょう。このサイトではプロセスに関する情報を提供しています。正しい知識を持っておくことで認定作業も間違いなく行っていくことができます。

Published by